FC2ブログ

2010'03.10 (Wed)

一年中沈丁花だあああっ!!!~鏡よ鏡、鏡さん、パート2~ 



アタクシ久々に病んでしまってご無沙汰しちまいましたがお元気ざんスか?

またも、またしても鏡。  (鏡の右上はアワビです 笑)


でもビー玉は今回は使ってません。シンプルにドデカ鏡とシェルのみ。
あ、あと人工ビーチグラスを少々ね。このビーチグラスもどきは長年かけて波に
洗われてないので丸さはないですが、独特のオモシロさ、光があたった時のキレイさがありますので
よく工作に使いますデス。

鏡よ鏡、鏡さん パート2

対面に乱雑した本達が移っちゃってお恥ずかしい限りですがアップでみると
こんな感じに、ひたすら、ただひたすら貝をグルーガンではっつけてます。
ヒオウギ貝のオレンジと人工ビーチグラスの青がアクセントとなって
ただの鏡がゴージャスになったわ!と自己満足でふんぞり返って、イスから落ちてしまいました。


DSC02095.jpg

沈丁花の香りが一番好き。
嗅ぐだけで幸せになります。

でも、あっという間に春が過ぎてこの匂いが嗅げなくなるんですよね。
一年中楽しむために ↓ の武蔵野ワークスさんのトワレを愛用してます。

武蔵野ワークスの沈丁花のトワレ。ええかほり~

昔は新宿伊勢丹の地下に入ってた武蔵野ワークスさん。くちなしやら金木犀など
郷愁誘う乙女心(?)をそそる香りのラインナップが見事ですね。

え、なんで真夏に沈丁花?っていうのもナンですが、
「ああ~沈丁花の匂いにつつまれてえええ~っ」っていう思いが、いつ、何どき襲ってきても
これがあればダイジョウブ。練り香水もありますからね。
なんと178円でサンプルも送ってくれます!

スバラシイ。  i pretty much sound like まわし者、don't i? lol


最後に・・
先ほどのシェルのミラーですが遠目でもブリリアントよん、ファンタスティックよん
 (ルー・ブーガリスタ)。


こんなかんじです。一歩、一丁目から海へ近付いたかな。
遠くからみるとこんなかんじ



スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

16:37  |  ハンドメイド  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |